東町岩滝大神楽保存会会則

(名称)
 第1条   本会は、東町岩滝大神楽保存会
((略称 東町神楽保存会)以下この会則においては「保存会」という)と称する。

(目的)
 第2条   保存会は、岩滝連合区の文化遺産であり、 与謝野町指定民俗無形文化財の「岩滝獅子神楽」を後世へ継承・発展させることを目的とする。

(事業)
 第3条   保存会は、前条の目的を達成するために次の 事業を行う。
(1) 継承及び普及事業
(2) 行政等から依頼を受けた ボランティア事業及び公開事業
(3) その他保存会の目的達成に必要な事業

(行事)
 第4条   保存会は、連合区または東町区の次の行事に 参加し執り行う。
また、これらの場で前条の事業の成果を発揮し神前に奉納する。
(1) 3月初午祭奉納
(2) 5月1日大祭、巡行及び奉納

(組織)
 第5条  保存会は、保存会の主旨に賛同する東町区の 有志により組織する。    

2 保存会は、会員の減少等により前条の行事の進行が困難な時は、東町区へ会員の募集の協力を求める。

(信条)
 第6条  保存会員は、自分の芸に誇りを持ち、常に向上に努める。

(役員)
 第7条  保存会に次の役員をおく
会 長 1名
副会長 2名
会 計 1名
幹 事 4名程度(幹事長を含む)

(役員の選出及び任期)
  会長は総会により選出する。   
2 副会長、幹事は会員の中から会長が委嘱する。   
3 役員の任期は2年とする。但し再選を妨げない。   
4 補欠役員の任期は前任者の残任期間とする。

(顧問及び相談役)
 第8条  保存会には、顧問及び相談役を置くことができ、役員会の承認を得て会長が委嘱する。

(役員の職務)
 第9条  会長は保存会を代表し会務を総理する。  
2 副会長は会長を補佐し、会長の事故あるときは、 あらかじめ会長が指名した副会長がその職務を 代理する。  
3 会計は会計事務を行う  
4 幹事は会長から指示、提案された事項を処理する。

(会議)
 第10条  会議は総会及び役員会とする。   
2 総会は、原則として年1回開催する。 但し、会長が必要と認めたときは、臨時にこれを開くことができる。   3 総会は会員数の2分の1の出席により成立する。   
4 役員会は必要に応じて開く。   
5 会議は会長が招集して議長となり、議事は出席者の過半数で決し、可否同数の場合は議長の決するところによる

(会計)
 第11条  保存会に必要な経費は、次の経費をもって充てる。
(1) 東町区からの補助金
(2) 会費・各人年間1,000円とする。
(3) その他収入   
2 保存会会計は、毎年、5月1日に始まり 4月30日に終わる。   
3 慶弔費は、会員の両親及び同居の親族に限る。

(付則)
 第12条  この会則は、平成8年8月1日を持って 施行する。

(改正) 平成19年10月 一部改正 


inserted by FC2 system